• TOP
  • 実は受けやすい「山梨英和の総合型選抜」のポイント解説

実は受けやすい「山梨英和の総合型選抜」のポイント解説

「総合型選抜」は、山梨英和大学とのマッチングと意欲や目標を問う対話型の入試です。出願前に、事前面談を行うのが特徴です。
事前面談は、対話を通して「あなたに合う大学かどうか」を確認し合い、本番の面接試験で実力を発揮するための準備の時間です。
まずは、大学HPで「建学の精神」「アドミッションポリシー」「3領域」について調べ、どんな大学なのかを知ってください。
一番大切なのは、「山梨英和大学でこんなことを学びたい」というあなたの思いを伝えることです。
年内合格も目指せて併願も可能なので、ぜひ挑戦してください。

※出願には「募集要項」が必要です。

選考方法

事前提出小論文等+面接(またはプレゼンテーション)

面接試験までの流れ

Step.1:事前面談予約
事前面談予約フォームはこちら
Step.2:事前面談
Step.3:出願
Step.4:面接試験

  1. Step.1 事前面談予約

    Step.1

    事前面談予約

    大学HPの予約フォームから、事前面談の予約をします。

  2. Step.2 事前面談

    Step.2

    事前面談

    あなたと大学との相互理解を確認するための時間です。
    試験ではないので、入試種別を迷っていても受けられます。

    ※「対面型」または「オンライン型」で実施します。実施時期により、面談形式は異なります。

  3. Step.3 出願

    Step.3

    出願

    『募集要項』を確認しながら、必要な書類を準備します。
    「調査書」はできるだけ早めに先生にお願いしておくと安心です。

  4. Step.4 面接試験

    Step.4

    面接試験

    いよいよ、面接試験です。
    今まで準備してきたから大丈夫。
    自信を持って、自分の思いを伝えましょう!

総合型選抜のポイント

1.事前面談

事前面談では、山梨英和大学の〔建学の精神〕〔アドミッションポリシー〕〔3領域〕のどの部分に共感するか、あなたならどんな風に学んでみたいかなどを、伝えてください。事前面談は、面談者との対話の中でアドバイスを受け取り、本番の面接試験で実力を発揮してもらうための準備の時間です。これで面接試験に安心して挑戦できます。

〔個人面接/20分/面接者2人〕
・「建学の精神」についてはこちら
・「アドミッションポリシー」についてはこちら
・「3領域」についてはこちら

2.大学入学希望理由書・小論文

■大学入学希望理由書
事前面談で準備したことを活かし、山梨英和大学でどんなことを学びたいかを文章で表現してください(800字以内)。
■課題テーマ型小論文(一般型のみ)
課題テーマについて、自分の考えなどを文章で伝えてください(800字以内)。

※「大学入学希望理由書」と「小論文」は出願時に提出する書類なので、事前に作成することができます。 学校や自宅など、慣れた環境で書けるから、自信を持って提出できます。余裕があれば、先生に添削してもらうともっと安心です。

3.面接試験

事前面談でのアドバイスを活かし、本学でやってみたいことなど、これからの目標を聞かせてください。なぜその分野を学びたいのか?なぜ山梨英和大学なのか?学んだことをどう活かしたいのか?などを、自分の言葉で伝えられるようにしておくことが大切です。
〔対面個人面接/20分/面接者2人〕
※地域活動型の場合は、プレゼンテーション選択可

4.得意に合わせて出願(3つの評価型)

総合型選抜には3つの評価型があるので、あなたの得意に合わせて出願できます。

【一 般 型】
過去の実績よりも、本学でこんなことを学びたい!というあなたの学ぶ意欲や目標を聞かせてください。

【地域活動型】
地域連携に関する学習や体験をしている方が対象。入学後の地域貢献に関する目標などを聞かせてください。

【資格技能型】
資格等を取得している方が対象。入学後、さらに上位の資格にチャレンジする意欲と目標を聞かせてください。

5.併願可・特待生のチャンスあり

併願可能なので、気負わずにチャレンジしてください。 さらに1年次の授業料が全額免除されたり、最大4年間の授業料が減免されたりする特待生のチャンスもあります。