MENU
現在のページ
トップページ > キャンパスライフ > 先輩からのメッセージ > 石倉 優希

在学生メッセージ

1年次の丁寧なICT教育で、実用的なスキルが身に付いたことを実感しています。

  • サイコロジカル・サービス領域
  • 石倉 優希
  • 山梨県立笛吹高等学校

イチバン力を入れていること!

大学院進学を目指しています。フォーカシングという、自分の身体の中にある言葉にならない感覚に注意を向け、自分のこころがどんな状態にあるかを探る技法に関心があり、「心理面接実習」の授業でそれを実践しています。よくわかっていなかったこころの側面に気づけたときは、自分に対する考えがより深まります。

将来の夢

スクールカウンセラーなど、学校現場で心理的な援助をする仕事に就きたいです。カウンセラーに相談することに抵抗があったり、勇気が必要だったりという生徒が少なくないと思いますが、そんな人たちでも気軽に立ち寄れる、オープンな環境をつくりたいと思っています。

この学校を選んだ理由・選んでよかった理由

PC操作が苦手な私にとって、1年次の丁寧なICT教育がとても役に立っています。「心理臨床実践演習」では対人援助職の現場を実際に訪問するのですが、事前学習として、その施設がもつ役割や援助の体系などを調べ、プレゼン形式で発表します。その際のスライドや資料の作成がスムーズにでき、実用的なスキルが身に付いたことを実感しています。

この学校を目指す方へのアドバイス

先生との距離が近いところが魅力的です。授業でもっと詳しく知りたいことなどがあったときに、先生のところへ聞きに行くと丁寧に対応してくれます。また、アドバイザーの先生が一人ひとりのことをよく気にかけてくださるので、安心して学生生活を送ることができます。