大学サイト

MENU
現在のページ
トップページ > キャンパスライフ > 先輩からのメッセージ > 小林実結

在学生メッセージ

私はスクールカウンセラーを目指しています

  • サイコロジカル・サービス領域 2017年入学
  • 小林 実結
  • 山梨県立甲府東高等学校

いま、どんな目標をもって大学生活を過ごしているか。

私はスクールカウンセラーを目指しています。そのために、心理学の授業を中心に履修しています。2年次では教育心理学や生涯発達心理学などの座学の他に心理学データ分析や心理学実験といった心理学を学んでいく上で必要な技能の授業もありました。レポートや課題に追われて大変なことも多いですが、その分とても充実した大学生活を送っています。

山梨英和大学に入学することを決めた理由

心理学を山梨県内で学ぶのであれば山梨英和大学以外考えられないというのが最大の理由です。山梨英和大学の大学院は県内で唯一の臨床心理士資格の第1種指定大学院です。そのため、心理学を教えてくださる先生方も多く、設備も整っています。また、先生に気軽に質問できる雰囲気があるので、わからないところは気兼ねなく聞くことができます。

 加えて、山梨英和大学は1学部1学科なので、様々な学問領域を学ぶことができるのも魅力です。私はサイコロジカル・サービス領域を中心に学んでいますが、海外や山梨のことにも興味があり、英語やドイツ語、山梨の産業に関する授業なども履修していました。

 また、心理学を学ぶことができるという他に大きな理由として、オープンキャンパスで出会った先輩方の存在もあります。どの先輩も充実した生活を送っており、在学生同士だけでなく先生方との距離も近く、「私もこの大学に通いたい」と思いました。

3つの領域の授業科目の履修は?

 「サイコロジカル・サービス」に重点を置いて科目選択を行いました。履修した授業としては、1年次は「こころの科学Ⅰ・Ⅱ」、2年次は「心理学統計法Ⅰ・Ⅱ」「心理学研究法Ⅰ・Ⅱ」「心理学実験Ⅰ・Ⅱ」「心理学データ分析」「社会心理学」「教育心理学」「感情心理学」「認知心理学」「学習心理学」「パーソナリティ心理学」「カウンセリング概論」「臨床心理学概論」です。

授業のなかで、いちばん興味深い授業は?

一番勉強になる授業は「心理学データ分析」「心理学実験」です。「心理学」と聞くと文系の学問のように感じる人も多いと思いますが、「こころ」という目に見えないものを扱う分、科学的な見方が重要な学問だと大学に入ってから私はより一層感じるようになりました。

 「心理学データ分析」ではどのようなデータの分析方法があるのか学び、「心理学実験」では実際に実験データを分析して、心理学の理論と一致するのかを確認しました。また、どちらの授業でも自分たちで考えて研究を行いました。質問紙を作る大変さや研究の結果からわかる発見など、2年次で最も辛かった授業でもあり、最も学びの多かった授業でもあります。

授業以外の学校生活で、いちばん楽しいことは?

学園祭実行委員会に所属しており、抽選会やビンゴ大会を企画する部署で活動し、学園祭当日は抽選会と屋台コンテストの司会をしました。学園祭の準備期間にはどの部署も夜遅くまで準備や司会の練習をしました。学園祭当日が近づくにつれて増す委員会内の一体感やステージから見える景色、終わった後のやりがいは実行委員にしか感じられないものだと思います。3年生になると私が企画全体のトップになるので、来場者の方にはもちろん、実行委員や私自身も楽しめる学園祭を作り上げることができたらと思っています。

 

いちばん思い出深い出来事は?

一番の思い出は短期のオーストラリア留学です。自分の英語力やコミュニケーション能力の低さを実感しましたが、それでも言いたいことを伝えることができたり、ホストファミリーと楽しい思い出を作ることができたり、英語しか通じない場所でも生きていけるということを体感できたりと自分自身に自信がついた17日間でした。

卒業後は?

大学卒業後は大学院に進学し、臨床心理士か公認心理師の資格を取得し、スクールカウンセラーへの道を開いて行きたいと考えています。一人でも多くの心に傷を負った子どもたちやその子を取り巻く人たちの心に寄り添う人間になることができたらと思います。また、山梨の観光にも興味があるので、ボランティアなど何かしらの形で関わりたいと考えています。山梨の魅力を県内、県外、そして海外の人々に伝えられたらと思います。

 

山梨英和大学への入学を検討している方にメッセージ

山梨英和大学は1学部1学科の大学なので、学びたいことが決まっている人もそうでない人にもオススメの大学です。在学中に異なる学問領域を学びたくなっても転部などをしなくても気軽に転換することも可能です。複数の学問領域を学んでいる人もいて、本当に自分の興味が向く方に合わせて学ぶことができます。また、短期のものから長期の留学制度を始めとして、様々なことにチャレンジする機会が山梨英和大学には沢山あります。

 それほど大きな大学ではないので、生徒同士、生徒と先生の距離も近く、気になることがあれば気軽に聞くことができます。もしも、少しでも山梨英和大学に興味を持っていただけたら、ぜひオープンキャンパスへお越し下さい。山梨英和大学の雰囲気を感じることができると思います。また、オープンキャンパスには私も含めた学生スタッフがいますので、気軽に声をかけていただけたらと思います。