大学サイト

MENU
現在のページ
トップページ > キャンパスライフ > 先輩からのメッセージ > 熊谷 映里

在学生メッセージ

優しい先輩が多い大学です

  • グローバル・スタディーズ領域  2018年入学
  • 熊谷 映里 
  • 山梨県立甲府昭和高等学校

いま、どんな目標をもって大学生活を過ごしているか。

今は司書資格を取得するために、司書に必要な知識の勉強をしている。

また、司書は狭き道なので、司書以外の職業にも目を向けている。自分の興味や好きなことを仕事にできたらいいなと思っているので、ディズニー関連の仕事はどうかと考えている。具体的には、ホテルのブライダル部門がいいかと思っている。今はまだ、こうできたらいいなという理想だが、実現できるように関連しそうな科目を履修している。

山梨英和大学に入学することを決めた理由

山梨英和大学は他の大学と違い、入学後に自分の学びたい領域を選択できるため、やりたいことが明確でなくても、大学生活ができるところが魅力だと思う。また、山梨県内の地方からの進学者が多いため、様々な地元色の中で学ぶことができ、地域に関連したこともできるところだ。

3つの領域の授業科目の履修は?

グローバル・スタディーズ領域を中心に、経営学・日本語の文法・韓国語などを履修し、司書課程の科目も履修している。

授業のなかで、いちばん興味深い授業は?

1年次の授業では、基礎ゼミが勉強になったと思う。クラスによって一年で学習してきた内容は違うが、レポートの書き方やプレゼンの仕方など、基礎を学ぶことができる科目であるからだ。これに続けて、2年次の展開ゼミでは、今までの学びを生かし、応用した内容を学習していくので、3年次の専門ゼミに向けての準備になると思う。

授業以外の学校生活で、いちばん楽しいことは?

空きコマの時間に友達と課題をしたり、サークル活動を行ったり、話をする時間

・LIKEの活動について

LIKEの活動は去年1年通して様々な活動を行ってきた。具体的には、基本である貸出・返本、配架、ラベル出し、修繕である。他にも作業はあるが、1年生から行う作業は基本を1から教わり、自分の言葉で教えられるようになることだ。特に、職場体験の補助で教える際に自分で話せないと体験に参加してくれた中高生が体験できなくなってしまうので、自身がなくても話さなければならないという場面もあった。活動の感想としては、一回だけの体験や経験では覚えきれないので、メモを必ずとるようにし、教えてもらった作業をいつでも確認できる環境を作っておくと、より多くの作業を体験することができたと思う。わからないことだらけで活動していることが多く、不安もあったが、自分が経験することで自信もつくようになり、できる作業の幅も広がる。先輩とのコミュニケーションも活動していく中で大切だと思った。

・吹奏楽部の活動について

吹奏楽は経験がなくて、去年の6月ごろから入部した。LIKEの活動が空きコマなので、放課後に活動がなく、大学生活をもっと楽しみたいと感じ、吹奏楽部に入部していた本田彩歌さんに相談し、体験に行き、入部することになった。楽器に経験がなく、歯の矯正もしていたので、パーカッションしかできないが、先輩たちも快く受け入れてくれた。吹奏楽はほんとに初めてだったので、合奏ではひとり残されていて、力不足でごめんなさいと心ではよく思っていた。しかし、先輩ができるところだけでいいよと言ってくれたので、気楽に活動できた。わからないことが多いが、部で協力して活動を現在も行なっている。

いちばん思い出深い出来事は?

オープンキャンパスの活動

私はもともと前に出るのが苦手で、できるだけ目立ちたくないと思っているので、将来の仕事を考えた時、このままではやりたい仕事ができないと感じた。なので、友達がやろうとしていたオープンキャンパススタッフを自分もやろうと思い、活動していたら、緊張はするけど、前に出ることに苦手意識を持たなくなった。オープンキャンパススタッフをやって、少しでも成長できたと思う。

卒業後は?

司書になれたらいいが、狭き道なので、本に関わる仕事をするなら、書店員もいいかなと思う。また、やりたい職業だとディズニー関連の仕事になる。まだ、明確ではないが、ホテルで仕事したいと思っている。幅広い目で見ると、観光の仕事も興味がある。どの職業でも接客は必要なので、誰に対しても、気持ちよく利用してもらうために、細かいところまで配慮できるようになりたいと考えている。

山梨英和大学への入学を検討している方にメッセージ

やりたいことがなくても、大学に通っている間に進路を見つけることができる大学です。自分の興味・関心に合わせて授業を選択できるので、自由に学ぶことができます。優しい先輩が多いです。先輩たちは様々な行動をしているので、体験談もたくさん聞けます。先輩後輩の仲がいい大学で、先生との距離も近いので、親しみやすい大学となっています。誰でも歓迎なので、入学を検討している学生さんはぜひ英和大学に入学をお願いします。