大学サイト

MENU
現在のページ
トップページ > キャンパスライフ > 先輩からのメッセージ > 木内美佑

在学生メッセージ

警察事務のような地方公務員になりたい

  • グローバル・スタディーズ領域  2017年入学
  • 木内 美佑  
  • 山梨県立北杜高等学校

いま、どんな目標をもって大学生活を過ごしているか。

現在、警察事務のような地方公務員になりたいと思っています。公務員受験の参考書を購入し、独学で勉強を進めています。

山梨英和大学に入学することを決めた理由

元々は県内で図書館司書の資格を得るための勉強がしたいと思っており、また心理学にも興味があったため、そのどちらも学ぶことができる山梨英和大学に入学したいと考えました。

3つの領域の授業科目の履修は?

現在は、司書課程の授業と重ならない時間は、グローバル・スタディーズ領域の日本語についての授業を主に履修しています。主な科目名は、日本文学史や現代の日本語、日本文学購読などです。また、意思決定論や芸術と心理学など、他領域の授業もいくつか履修しています。

授業のなかで、いちばん興味深い授業は?

現状一番興味深いと感じている授業はグローバル・スタディーズ領域の専門ゼミナールです。第1Qではまだ準備段階ですが、今後の授業では、自分の興味のある作品についての考察・研究ができるということなので、とても楽しみにしています。

授業以外の学校生活で、いちばん楽しいことは?

授業以外で楽しいと感じているのはサークル活動です。私は現在写真部の部長と図書館サークルのリーダーを兼任しています。リーダーの兼任ということで負担も大きくはありますが、今までリーダーというものになる機会が全くなかったので、新鮮で、やりがいを感じています。また、図書館サークルでは、今年度県立図書館でも活動を行わせていただけることになり、司書になるための非常にいい勉強になっています。

いちばん思い出深い出来事は?

思い出深いことも上記と同じくサークル活動です。やはり負担は大きいですが、リーダーという経験は今までなかったので、とても勉強になっています。

卒業後は?

第一希望は県内の警察事務ですが、それ以外でも県内で就職したいと考えています。都会に憧れがないわけではありませんが、これまで生まれ育った山梨県でこれからも生活していきたいと考えています。なので、地方公務員や県内企業で地域貢献ができたらいいと考えています。

山梨英和大学への入学を検討している方にメッセージ

一つの領域を突き詰めて学ぶことも、三つの領域から様々な授業を選択して幅広く多くのことを学ぶこともできる、自由度の高い大学だと思っています。留学や地域連携も盛んなため、外国に興味がある人や、山梨県のことをもっと知りたいという人にもオススメです。たくさんのサークルもあるので、ぜひ、山梨英和大学で充実した学生生活を送ってみてはいかがでしょうか。