MENU
大学院
トップページ > 学び > 大学院

大学院

山梨県内で唯一の臨床心理士、公認心理師の養成に対応したカリキュラムを用意

30年の歴史と実績をもつ 臨床心理士

新たに誕生した心理職の国家資格 公認心理師

山梨英和大学・大学院では、この両方の資格取得を目指せるカリキュラムを整えています。

幅広い分野で活躍できる臨床心理士を育成

山梨英和大学大学院の人間文化研究科臨床心理学専攻は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の「第一種指定大学院」です。専任教員が多く、研究の基礎から臨床実験まで手厚く指導する体制をとっています。また、山梨県内唯一の指定大学院である強みは、実習先の豊富さや就職実績に表れています。教員も参加するロールシャッハなどの心理検査や対象関係論についての課外研究会、英語論文の講読、臨床心理士試験対策の自主勉強会なども行われています。修了後に特別研修生として学び続けられる制度があるなど、サポート体制も充実しています。

POINT1 豊富な実習先で現場経験を積む

山梨県内唯一の指定大学院である強みを活かし、病院、中学、高校、支援施設など、県内の多くの機関と連携しています。実習は150時間以上にもおよび、それぞれの機関の特徴や、その中での臨床心理士としての働き方を学びます。実習の他にも、ボランティアとして現場に触れる機会も紹介しています。

POINT2 臨床経験豊富な教員によるスーパーヴィジョン

大学附属の心理臨床センターや学外実習等でケースを担当する学生は、ケースについてのスーパーヴィジョン(臨床指導)を臨床経験豊富な教員から受けながら臨床の技術を磨くことができます。

POINT3 専任教員の数が多く手厚い指導体制

現場の第一線で活躍している臨床心理士が教員に多いのが本大学院の最大の特長です。基礎心理学の教員による研究指導体制も充実しています。さらに、教員と学生の距離が近いので、臨床や研究のこと一つひとつに対して、きめ細やかな個別指導を行います。

カリキュラム構成

スタッフと研究分野
小林 真理子 教授 ●臨床心理学、障害児心理学
窪内 節子 教授 ●臨床心理学、教育臨床、精神分析的心理療法
田代 順 教授 ●臨床心理学、質的心理学
黒田 浩司 教授 ●臨床心理学、心理臨床アセスメント、精神分析学、コミュニティ支援
高橋 寛子 教授 ●心理臨床、臨床心理学、体験過程とフォーカシング
佐柳 信男 准教授 ●社会心理学、発達心理学、教育心理学
森 稚葉 准教授 ●発達臨床心理学、精神分析的心理療法
槻舘 尚武 専任講師 ●教育心理学、コミュニケーション障害

 

山梨英和大学・大学院の教員情報はこちらから

 

主な修士論文のテーマ
  • セクシュアル・マイノリティの語り:生きづらさと支援に焦点を当てて
  • 学校生活における“居づらい感”とその抱えの様式に関する研究
  • 障害児放課後デイサービスの心理的エスノグラフィ
  • 山梨県の幼保施設における防災と心のケア対策に関する研究
  • ORTによる対象関係の査定について
  • 音のやりとり場面におけるセラピストと障害を持つ子どもの間主観的体験:調律のプロセスを手がかりとして
  • 青年期の目標の獲得との関係における諦めの意味についての研究
  • 身体醜形懸念と母親の養育態度の関連:自己愛に着目して

大学院での実践的な学び

学内実習 大学附属の相談機関である心理臨床センターにおいて、充実した実習を行うことができます。

事例とのかかわり

実際にクライエントに接して行う実習です。

臨床指導(スーパーヴィジョン)

経験豊かな有資格者(主に教員)が、第三者の視点で担当事例を検討します。

カンファレンス

初回面接事例の見立てと援助方針の決定、及び継続事例について詳細に検討します。

その他

心理臨床センターの運営上必要な、種々の実務についての実習です。

学外実習 県内の諸機関において、臨床現場の実際を学びます。

学外機関における実習

県内の精神科病院における臨床心理士の仕事の実際について、1~2週間にわたって現場に赴き、見学実習を行います。県内の教育機関における臨床心理士の実際について、継続的に赴き、実習を行います。心理職の指導者に直接指導を受けることができます。特別研修生として学ぶ場合、提携医療機関における約3 ヶ月の研修期間を得る機会があります。

ボランティア

県内の医療機関、教育機関、福祉機関等において、ボランティア活動を行いながら臨床の実際を学ぶことが可能です。

臨床心理士に必要な知識と実践的な技能を学ぶ

大学附属心理臨床センター

面接室

カウンセリングを行う面接室は、落ち着いて話ができるような室内になっています。

プレイルーム

子どものセラピーのための部屋。年齢に応じて、心の内面が表現できるよう、工夫がされています。

箱庭療法

言葉による表現が苦手なクライエントが、自己表現をしていくひとつの方法となっています。

山梨英和大学大学院のご案内や入試に係る資料請求はこちらから

大学院入学試験日程

入試区分 試験場 募集人員 出願期間 試験日 合格発表日 手続期限
内部特別試験 本学 12

5月1日(火)
~5月8日(火)

5月12日(土) 5月15日(火) 5月31日(木)
一般入学試験 Ⅰ期 9月 3日(月)
~9月11日(火
9月15日(土) 9月18日(火) 10月3日(水)
一般入学試験 Ⅱ期 2月1日(金)~2月15日(金) 2月20日(水) 2月23日(土) 3月15日(金)
入試区分 内部特別試験 一般入学試験 Ⅰ期 一般入学試験 Ⅱ期
試験場 本学
募集人員 12
出願期間 4月27日(木)~5月8日(月) 9月1日(木)~9月8日(木) 2月1日(水)~2月15日(水)
試験日 5月13日(土) 9月16日(金) 2月21日(火)
合格発表日 5月16日(火) 9月21日(水) 2月23日(木)
手続期限 5月31日(水) 10月7日(金) 3月10日(金)

学費等

  1年次
  入学手続時 後期
入学金 150,000
授業料 300,000 300,000
教育充実費 100,000 100,000
施設実習費 105,000
安全会会費 2,570
合計 552,570 505,000

(単位:円)

  2年次
  前期 後期
入学金
授業料 300,000 300,000
教育充実費 100,000 100,000
施設実習費 105,000
安全会会費
合計 505,000 400,000

(単位:円)

出願資格

次のいずれかに該当する者
(1)大学を卒業した者又は2019年3月卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることとその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣の別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
(7)文部科学大臣の指定した者
(8)学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、本学大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者
(9)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

選考方法

次の各項目によって総合的に判定します。ただし、それぞれの項目の得点が一定の水準を著しく下回る場合は、合計点にかかわらず、不合格となることがあります。
(1)専門試験(2)一般英語(3)口頭試問(4)書類審査(「卒業論文の概要」、「研究計画書」、「成績証明書」の評価)
※本学が定める「社会人」の条件に該当する場合は、上記、選考方法の(2)について、「一般英語」に替えて「小論文」を選択することができます。詳細は、大学院学生募集要項をご確認ください。

大学院長期履修制度

本制度のねらい

カウンセリングを求めるクライエントには多様な悩みや背景があります。そのため、その相談に乗るカウンセラーにも多様な人材が必要です。しかし、カウンセラーを目指そうという意志があっても、さまざまな事情があって臨床心理士の資格を取得するために大学院に通うことが難しい方もいらっしゃることでしょう。育児や家族の介護、もしくは仕事を辞めることができないために、本来は必要とされている人材なのに臨床心理士の夢を諦めざるを得ないケースもあるようです。山梨英和大学大学院では、そんな方々が少しでも通いやすくなればと考え、長期履修制度を導入しています。看護、福祉の仕事に携わっている方、学校や塾で教えている方、すでにカウンセリングの実践現場で働いているものの臨床心理士の資格をお持ちでない方、家庭の事情のためにフルタイムで大学院に2年間通うことが難しい方など、幅広い分野で活躍されている皆さんをお待ちしております。

●対象/長期履修制度は、次のいずれかの理由のために2年で修士課程を修了することが困難である方々が対象となります。①職業を有し、就業していて(自営業および臨時雇用を含む)、著しく学修時間の制約を受ける者(目安として週20時間以上勤務) ②家事、育児、長期介護等により、著しく学修時間の制約を受ける者 ③その他特別の事情により、2年で修了することが困難であると学長が認めた者
●制度の利用方法/長期履修制度を利用するためには、事前に面談を受けたうえで入試出 願時に申し出ることが必要です。面談については、気軽にお問い合わせください。長期履修制度の利用を考えている方は、早めのご相談をお願いします。

2年間の課程を、3年間かけて修了

長期履修制度とは、本来は2年間で学位取得のための単位を取り終えるところ、1週間あたりの通学日数を減らし、3年間で修了することを認める制度です。

3年間通学しても、学費等は2年分

長期履修制度を利用した場合の学費等は、2年分と同じ額を3年間で納入します。

  1年次
  入学手続時 後期
入学金 150,000
授業料 200,000 200,000
教育充実費 70,000 70,000
施設実習費 105,000
安全会会費 3,830
合計 423,830 375,000

(単位:円)

  2年次
  前期 後期
入学金
授業料 200,000 200,000
教育充実費 65,000 65,000
施設実習費 105,000
安全会会費
合計 370,000 265,000

(単位:円)

  3年次
  前期 後期
入学金
授業料 200,000 200,000
教育充実費 65,000 65,000
施設実習費
安全会会費
合計 265,000 265,000

(単位:円)

山梨英和大学大学院のご案内や入試に係る資料請求はこちらから

大学院修了生の就職実績《過去5年間》

公務

○山梨県庁(心理職) ○甲府市
○山梨県教育委員会 ○都留市
○山梨県精神保健福祉センター ○富士吉田市国保健康課
○山梨県総合教育センター ○南アルプス子育て支援課
○山梨県中央児童相談所 ○千曲市教育委員会
○山梨県都留児童相談所 ○丹波山村
○山梨県若者サポートステーション ○小菅村
○長野県教育委員会 ○あけぼの医療福祉センター
○笛吹市教育委員会 ○山梨労働局(山梨県内ハローワーク)等

教育

○山梨英和大学(学生相談室) ○学校法人伊藤学園
○山梨英和大学(心理臨床センター) ○小諸看護専門学校
○山梨大学(学生相談室) ○学校法人野田鎌田学園
○山梨県立甲府西高等学校 ○神奈川県立高等学校 等
○山梨英和中学校・高等学校  

医療・福祉

○山梨県立北病院 ○響ストレスケア
○甲府市立病院 ○あさなぎクリニック
○山梨厚生病院 ○伊那中央病院
○HANAZONOホスピタル ○富士吉田診療所
○りほく病院 ○塚田小児科医院
○甲府共立病院 ○藤原医院精神科
○山梨立正光正園 ○桜こどもクリニック
○住吉病院 ○児童養護施設ハーベスト
○日下部記念病院 ○佐久総合病院  等

その他機関

○山梨箱庭研究所 等

 

大学院生・修了生インタビュー

座学では得られない臨床現場での学びを研究につなげていきたい

2018年3月修了
長坂 祥司さん 名古屋大学 出身

2年生 長坂 祥司さん 名古屋大学 出身学校教育と人や子どもの心に興味があり、大学では教育学部で発達教育を中心に学びましたが、もっと臨床心理の実際に触れて、学びたいと思い大学院への進学を決心しました。山梨英和大学大学院の強みは、地域に根差したネットワークと多くの臨床実習の機会に恵まれていることです。1年生から実習現場に立たせていただくことで、座学では得られない多くのものを学びとることができます。目に見えない心の問題は、向き合い方によっては甘えだとかやる気がないと見られてしまうことがあります。しかし、本人からのSOSや体に現れる症状は決して軽視できることではないと考えています。親身になって相談にのってくれる先生方に指導をいただきながら、学校臨床や学生相談の研究を深めて、生まれ育った地元の教育現場で活躍できたらと考えています。

 

学部からの学びを継続し、深めることができました

2016年3月修了
是永 由布子さん 山梨英和大学 出身

2016年3月修了 是永 由布子さん 山梨英和大学 出身私は大学入学当初から内部特別試験を利用しての大学院進学を視野に入れていたので、心理学の授業はほぼすべて履修しました。試験準備としては大学の進路指導を活用し、エントリーシートや面接方法を丁寧に指導していただきました。
また、ゼミの先生から紹介いただいた大学院の先輩と面接練習をしました。特に、模擬心理面接の練習はとても役に立ちました。
大学院では、学部のときと同じゼミに所属しました。先生と継続した関係があったため、私の意志を尊重していただき、学部での学びを深めながら研究に取り組むことができたと感じています。レポートに実習に研究にと忙しい毎日でしたが、先生方や同期の存在が大きな力になりました。この春から臨床心理士としてカウンセリングの現場に臨みますが、これからも学び続け、研鑽を積んでいきたいと思っています。