大学サイト

MENU
3領域の学び
トップページ > 学び > 3領域の学び

3領域の学び

未来を拓く 3つのキーワード

山梨英和大学は、“いま”という時代を読み解く3つのキーワードとして、「こころ」「グローバル」「インターネット」に着目した新たな領域制を導入しています。

 

未来を拓く3つのキーワード

サイコロジカル・サービス領域

「こころ」を理解し、「人」を支える、心理の専門家を育てる。

 

心理学では、科学的な方法で導き出された心の「見方」を学び、人間の心を客観的に解明していきます。
一方で、困っていたり苦しんでいたりする人に対しては、客観的な正論を示すのではなく、弱った心に寄り添って「味方」になるのが臨床心理学の考え方です。
山梨英和大学では、このように様々なアプローチから立体的に心を見るスキルを習得することが可能です。

学びの特長

ー 1 ー 生まれてから死ぬまでの心の成長を学ぶ

みなさんの心は、様々な人々や環境との関わりを通して成長してきました。
成人した後も死ぬまで心は成長しつづけます。
なぜなら、人生の時期ごとに心が取り組む大切なテーマがあるからです。
人それぞれにテーマとの取り組み方は異なり、その人らしさに影響を与えます。
心の成長過程を学ぶことは、人の心を理解する上でとても役立ちます。

ー 2 ー 科学的に人間の心のメカニズムについて学ぶ

心理学は、心の働きや仕組みを科学的に解明しようとする学問です。
行動を測定して心を理解しようとすることから「行動の科学」とも呼ばれています。
心理学は、直接観察することができない心を科学的に研究するために、その研究方法を洗練させてきました。
したがって、心理学を学ぶことで、あなたは科学的な思考力を身につけることができます。

ー 3 ー 人生で出会う心理的な困難さへの対応と支援について学ぶ

臨床心理学は人生で出会う困難への具体的な対応や援助を実践する心理学でもあります。
ときに善意の援助が被援助者を傷つけてしまうこともあり、対人援助は難しい仕事です。
正確な知識、援助者の人間としての成長、自分自身の限界の自覚など多くが要求されますがやりがいもあります。
大学ではその大切な基礎を学びます。

 Pick Up講義①   教育心理学

 

教育という営みを効果的に推進するための知識、技術を学びます。
教育というプロセスは私たちのこころの形成と切り離すことができないことや、臨床、発達、社会、認知といった本学で学ぶさまざまな心理学が教育というプロセスと強い結びつきをもっていることを学んでいきます。

 

 Pick Up講義②  心理臨床実践演習Ⅱ [公認心理師対応]

 

医療、福祉、教育、司法矯正関係といった現場を訪問し、実際にそこで働く対人援助職のスタッフと出会い、生き生きとした臨床心理学に触れる体験的な学習を行います。
実習前には、訪問時に必要な基礎的な学習を行い、実習後には、実際に対人援助職に就いた際に役立つように体験的に学習をしたことを整理していきます。

 

その他の主な授業

 

感情・人格心理学Ⅰ※、福祉心理学※、心理学データ分析演習 Ⅰ、コミュニティワーク、Psychology in English Ⅰ、学習・言語心理学※、臨床心理学概論※、心理学的支援法Ⅰ※、心理演習Ⅰ※、障害者・障害児心理学※

(※・・・公認心理師対応科目)

 

卒業研究テーマ

  • 悪口に関する心理学的研究 ―質問紙調査を用いて―
  • アロマセラピーのイメージに関する調査
  • 親子葛藤における子ども側からの語り ―リフレクティングトークを通しての比較検討―
  • 死への意味づけ
  • 大学生における就職活動時の心理社会的サポートに関する研究
  • 山梨県の放課後等デイサービス「余暇の提供」に着目して
  • 大学生における心理的自立と家族機能の関連
  • 大学生における第二反抗期の様態と社会的自己制御力の関連性
  • ジブリ映画『魔女の宅急便』の心理学的考察~人々を惹きつける魅力とは?~
  • イベント時における記述的規範がごみ捨て行動およびごみの分別行動に及ぼす影響
  • 寿司におけるネタと皿の組み合わせによる美味しさ認知と価格認知の違い
  • マルチメディア環境における学習に対する教育エージェントの存在および教育機能の効果の検討
  • 身体への温度刺激が親しい友人に対する印象評価および自己開示に与える影響

グローバル・スタディーズ領域

グローバルな視点から日本と世界を見つめる真の国際人を育てます。

 

この領域では、世界と地域、過去と現在を知るための科目や、コミュニケーションの実践を積むための科目を豊富に用意しています。
興味のあること、新しく学ぶことを組み合わせて、あなただけの「世界とのつながり方」を発見してみませんか。

 

学びの特長

ー 1 ー 地球の文化の多様性と共生のあり方を学ぶ

文化の多様性と共生のあり方を学ぶには、地球上の様々な文化にも関心をもち、歴史・言語・政治経済といった多角的な視点から、考えていくことが必要です。
グローバル・スタディーズ領域では、多様性や差異に開放的な知性を育むことができます。

ー 2 ー 世界とネットワークのしくみと、その動きを学ぶ

グローバル・スタディーズ領域では、世界の動向について、経済学・社会学という学問的視点から理解し、的確・円滑なコミュニケーションに欠かせない教養・語学の修得により、異質な文化への理解と多角的な思考力を身につけることができます。

ー 3 ー グローバルな視点から、地域の課題と可能性を学ぶ

この領域では、文化的教養、社会・歴史・経済、ビジネススキルを自在に組み合わせて学ぶことで、グローバルな視野を得ることができます。
学生一人ひとりの視点で築かれる学びは、その世界の一点である地域の可能性を展開する推進力となるでしょう。

 

 Pick Up講義①   民族と社会Ⅱ

 

「韓流ブーム」「日流ブーム」や日韓両国の相互認識の変化に注目しながら、現代の「韓国」「韓国人」について考える授業です。
映画や新聞記事などを資料に、グループワークも交えて、今後の日韓関係を展望しましょう。

 

 

 Pick Up講義②   地域研究・実践論

 

「地域に密着する」ことを意識して文化事業に取り組む際の考え方・課題・可能性について学ぶ授業です。
山梨・他県・海外における3つの取り組みから、「地域の文化事業」が成り立つために何が必要かを考えていきます。

 

 

 

その他の主な授業

 

宗教と思想、英語の文法、日本文学史、音楽史・音楽学、国際交流論、日本文化論、舞台芸術論、比較文化・思想論、近現代文学論、経済学Ⅰ、経営学Ⅰ、人間と文明、Globalization & Culture Ⅰ、現代の日本語、児童文学講読

 

卒業研究テーマ

  • 西洋占星術の変容 ~古代から現代まで~
  • Differences Between American and Japanese Animations
  • 二つのスパイダーマン ~女性の描かれ方に注目して~
  • ヒツジをめぐる冒険 ~『星の王子さま』を読む~
  • スポーツの熱狂と社会 -ベルリン五輪から読みとる国威発揚と人種差別-
  • 日本企業における成果主義のあり方について
  • 良品計画の多角化戦略に関する一考察
  • ファーウェイ株式会社の経営戦略について
  • 韓国の若者と就職に関する研究
  • ベルリオーズ『幻想交響曲』から見る打楽器の役割
  • 『この湖にボート禁止』の翻訳比較

メディア・サイエンス領域

I C T を駆使して新たな価値を創造するクリエイター、イノベーターを育てます。

 

コンピュータやネットワークをはじめとしたICT(情報通信技術)は、今や生活に必要不可欠です。
より豊かで幸福な現代情報社会を実現するために、ICTをいかして新たな価値を創りだす力とともに、ICTの意義や影響について考察する力を身につけましょう。

 

学びの特長

ー 1 ー 領域横断的な研究を生み出すメディア力を学ぶ

メディアの学びは理系だけのものではなく、全ての学びを助け結びつける基礎です。
あらゆる分野の可能性を引き出すICTは、3領域が一体となって完成する本学の学びを支えます。
文理融合型の多角的な考察によって新たな価値を社会に提案する「メディア(結びつける)」力を身につけます。

ー 2 ー 技術力とともに、技術にたいする批判力を学ぶ

優れたクリエーターやイノベーターになるには、技術力とともに、技術の意義や影響を考察する反省力を併せ持つことが必要です。
情報社会の様々な課題や既存のオンラインサービスなどを例に倫理的考察力と判断力を養い、ICTを正しく活用・発展させる礎を完成させます。

ー 3 ー 新たな価値を生み出す科学的思考力を学ぶ

科学的思考力とは、知識の成り立ち方を知る、いわば「知についての知」です。
経済の論理や権力によって故意に編集された知識をうのみにせず、真に求められている新たな価値を社会にもたらすために、アクティブラーニングや問題解決学習も活用して「サイエンス」します。

 

 Pick Up講義①   プログラミングⅠ

 

プログラミングは文系の皆さんにも役立ちます。
正確な文法を操る力と、処理の流れを論理的に組み立てる力がつくからです。
機械言語の学びは外国語などの自然言語の深い理解にもつながります。
またビジネスや図書館など広報や情報管理が必要な仕事にも有益です。

 

 Pick Up講義②   知的財産権と情報倫理

 

「コピペレポート」はなぜ問題なのでしょうか。
また「本人に知られなければSNSに何を書いてもいい」のでしょうか。
様々な具体的課題をもとに、暴力の道具ではなく真新しい創造や緻密な分析の道具としてICTを活用する倫理的判断力を養います。

 

その他の主な授業

 

情報数理Ⅰ、コンピュータシステムⅠ、メディアサイエンス、メディア表現基礎、メディアプロジェクトⅠ、アルゴリズムとデータ構造Ⅰ、Web サービス構築Ⅰ、プロジェクトマネジメント、サービスサイエンスとCCRC

 

卒業研究テーマ

  • RNNによるハンドベル楽曲の自動生成
  • 学習者特性の推定に関する研究
  • RNNを用いた外国語学習支援に関する研究
  • 県内湧水のブランド確立とコーヒー文化の醸成
  • 歴史資産である山梨交通電車を活用した地域活性化と車両の復元
  • 機械学習による日本の所得格差の決定要因の分析
  • 階層型クラスタリングとSVMを用いたCCC-2からのASD者の予測