ニュース

2017年10月03日

 学生生活 教育・研究 

本学大学院生が日本認知・行動療法学会で研究発表を行いました

本学大学院人間文化研究科臨床心理学専攻(修士2年)の廣瀬悠貴さんが、9月29日から10月1日に朱鷺メッセで開催された日本認知・行動療法学会第43回大会において、本多准教授と連名で研究成果の発表を行いました。
発表のタイトルは以下の通りです。

 

■ 廣瀬悠貴・本多明生
感謝介入は死の不安を軽減するか:大学生における一か月間の感謝介入実験

 

 

なお、本研究はJSPS科研費 16H01873の助成を受けたものです。

 

 

 

日本認知・行動療法学会第43回大会

日時:2017年9月29日(金)~10月1日(日)

会場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

主催:一般社団法人日本認知・行動療法学会

 

ニュース一覧へ戻る