ニュース

2017年10月25日

 教育・研究 

本学卒業生が、法と心理学会第18回大会で研究発表を行いました

本学卒業生 三上苑子さん(2017年3月卒)が、10月14日(土)・15日(日)に成城大学で開催された法と心理学会第18回大会で、日本大学 厳島行雄教授、本学 黒田浩司教授と連名で研究発表を行いました。

この研究は、三上さんが本学で行った卒業研究を基に、進学した日本大学大学院(文学研究科心理学専攻博士前期課程)で研究を深め、さらなる分析と考察を加えたものです。

発表タイトルは以下の通りです。

 

■三上苑子・黒田浩司・厳島行雄
「大学生を対象とした、模擬裁判における感情が量刑判断に及ぼす影響」

 

 

法と心理学会 第18回大会

日時:2017年10月14日(土)・10月15日(土)

会場:成城大学 

主催:法と心理学会

 

日法と心理学会 第18回大会プログラムはこちらから

日法と心理学会 第18回大会予稿集はこちらから

 

 

ニュース一覧へ戻る