ニュース

2018年07月19日

 学生生活 

熱中症にご注意ください

〔保健室からのお知らせ〕


熱中症につきましては、5月より周知しているところですが、今週に入り熱中症患者が急増したことより、熱中症事故防止を強化するよう、関係省庁が呼びかけています。
学内でも、熱中症とみられる症状の学生が増えました。熱中症の正しい知識を身に付け、熱中症事故防止に努めましょう。

 

熱中症の症状は以下の通りです。

軽度~中等度

 めまい・頭痛・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむらがえり

 吐き気・嘔吐・倦怠感・気分が悪い

重度

 返事がおかしい・けいれん・意識消失・体が熱い

 

熱中症を予防するには

    • 水分は喉が渇いていなくてもこまめに、塩分もほどよく補給しましょう
    • 睡眠・休養・休憩はしっかりとりましょう
    • 食事はしっかりとりましょう
    • 適度な運動で暑さに負けない強いからだを作りましょう

 

熱中症予防のための水分補給は、炭酸や甘いジュースより、ポカリスエットなど塩分と糖分が含まれている飲み物が最適です。学内では、ゼミカフェ・図書館・食堂前・体育館等の自動販売機で経口補水液を購入できます。

授業中など体調がおかしいな、と思ったら無理せず保健室へ来てください。熱中症は悪化する前の予防が大切です。

 

 

関連リンク

 

 

ニュース一覧へ戻る