キャリアデザインプログラム

キャリアデザインプログラム

学生一人ひとりが、自分の職業観を養い、必要なスキルを磨くため、1年次から体系的なキャリアサポートを実施しています。
本学の支援体制の特色「少人数教育」を活かし、学生、保護者、大学スタッフが一体となって就職を目指します。

進路支援プログラム

ビジョンと目標を見つける

4年間の大学生活をどう過ごすか、将来は何をしたいか、じっくり考えながら、主体的な学びを身につけていきます。

career support その1
キャリアデザイン

1年次から、将来のことを考えていくのがキャリアデザインの基本。進路課外講座などを受講しながら、自分自身と向き合い、自分の長所、興味、将来はどんな仕事につきたいかを、時間をかけて考えていきます。

 

社会に目を向ける

2年次は社会に目を向け、インターンシップなどに参加しながら、将来のキャリアをデザインするとき。資格取得や留学の準備も行います。

career support その2
就職への基礎をつくる

社会に出て活躍するために、就職に向けた基本的な力を身につけます。インターンシップや企業からの課題に取り組むのも、職業理解を深めるためのひとつの方法。春休みには、就職活動について学ぶ進路ガダンスも開催されます。

 

就職スキルを身につける

進路ガイダンス、業界研究会などを通じ企業情報を収集。就職スキルを磨きながら、就職活動に備えます。

career support その3
就職活動の準備を整える

企業研究や就職合宿などを通じて、企業情報を収集し、自分の適正を考えながら、就職活動をスタートします。個別指導では、履歴書の書き方、筆記試験対策、面接の仕方などを学び、就職スキルを磨きます。

集中ガイダンス

希望者を対象に、具体的な就職活動の方法を学ぶための集中ガイダンスを開催しています。
各地で開催される合同企業説明会の活用方法、模擬集団面接、模擬グループディスカッションなどを体験します。
本学カウンセラーから就職活動中のストレスの対応方法などを学びます。

進路を決定

4月からは採用試験も本格化。就職活動の成功に向けた、サポートが充実しています。

career support その4
内定を目指して、いざ 就職活動

それぞれの適性や希望に添った、きめ細やかなサポートが行われます。限られた時間の中で自らの進路を選択できるよう学内でもガイダンスを開催するなど最後まで充実したサポート体制がとられています。

履歴書・エントリーシートの写真撮影会
就職活動において、写真は第一印象を決める大事な要素のひとつ。撮影会ではファッション誌やCM等で活躍するカメラマン、スタイリスト、ヘアメイクの方を招き、表情の作り方や身だしなみの整え方など、アドバイスをもらいました。

履歴書・エントリーシートの写真撮影会の様子

インターンシップ体験談
山梨県の魅力を広く伝えるために必要なことを学びました。

津田 萌花
山梨県立吉田高等学校 出身

インターンシップ先 >>> 甲府市役所の都市戦略室 シティプロモーション課

詳細を見る

山梨県が大好きで、中学生の頃から「山梨の人達の暮らしを、行政の面から支えたい」と考えていました。その目標をより具体的にするために「課題設定型インターンシップ」を利用して、甲府市の広報活動を見学しました。広報誌の編集会議や取材に参加し、市内外への情報発信の仕方や、その重要性を知ることができましたね。いまは、情報発信に必要な技術を学ぶためにICT系の授業を多く履修するほか、山梨の魅力を広めるアイデアを知るために「山梨学」という授業も受講しています。インターンシップでの経験を通して、いま学ぶべきことを明確にできたと感じています。

インターンシップ体験談
座学で習得した知識をいかしながら、現場ならではの学びを得られました。

平山 拓人
山梨県立日川高等学校 出身

インターンシップ先 >>> 児童養護施設

詳細を見る

山梨英和大学には心理学を学ぶために入学しました。授業では思春期や青年期の心理について勉強しているところです。これまでに身につけた知識が、実際の現場ではどのように繋がるのかを確かめたいと思って、児童養護施設でのインターンシップに参加しました。小学生から高校生までの子どもたちと、それぞれの年代に合った接し方で交流していくのは思っていた以上に大変でした。しかし、座学で教わった知識を使うことで、上手くコミュニケーションできるようになっていきました。一方で、教科書だけでは得られない学びもあったので、とても意義深い経験になったと感じています。

私の就職活動体験

地元・北杜を盛り上げながら、みんなの生活を支えたい。

浅川 実李
山梨県立北杜高等学校 出身
2019年3月 卒業

就職先 >>>  北杜市役所

詳細を見る

地域活性化に関心を持つようになったのは、2年次に参加した海外インターンシップがきっかけ。山梨県の名所や文化について聞かれたのですが、何も答えられませんでした。そんなこともあり、帰国後は「山梨学」などの科目を積極的に履修。楽しみながら学ぶことができました。身につけた知識をいかして、市役所では地元の人々を支えながら、活性化に繋がる活動を行いたいです。

統計学に夢中になれたのは、ゼミの先生のおかげです。

青木 岳
第一学院高等学校 出身
2019年3月 卒業

就職先 >>>  京都大学大学院

詳細を見る

入学時、とくに学びたい分野はありませんでした。統計学に出会ったのは2年次のとき。もともと計算などが好きだった私は、その面白さにのめり込みました。ゼミの担当教員には日頃の指導のほか、進学先に関することまでお世話になりました。多彩な学びと細やかな指導がある学校だからこそ、夢中になれる分野を見つけられたと感じています。

就職ガイダンス

今村 紗枝花
甲府市立甲府商業高等学校 出身

詳細を見る

就職ガイダンスに参加しようとしたきっかけは、3年生になって就職活動を強く意識し始めたころ、何から始めたらいいかわからなかったことがきっかけです。万全の状態で就職活動に挑みたいと思ったので、毎月のように開催されているガイダンスには、できるだけ参加するようにしていました。
就職活動に役立つ具体的なスキルを学べたこと、そして、関連イベントの「業界研究会」で官公庁やサービス業、不動産業など幅広い業界の方々から貴重な話を聞いて、自分自の職業選択の視野を広げられたのが良かったと思います。
ガイダンスに参加することで、将来の可能性が広がったように感じています。これまで学んだすべてのことを自信につなげながら、自分を信じて頑張っていきたいと思います。

進路支援プログラム

キャリア科目

教員がそれぞれの専門分野について分かりやすく講義することにより、キャリアについて考える機会を提供するほか、プレゼンテーション力やコミュニケーション力など社会人に求められる基礎的な能力を養います

キャリア科目

進路ガイダンス

学年ごとに開催し、就職活動について具体的なアドバイスをします。3年次からは、就職活動の手順、面接・筆記試験対策など、実践的な内容になります。

進路ガイダンス

資格取得

ゼミや講義などを通じて、仕事に役立つさまざまな資格の取得が目指せます。また「教員(英語・国語・情報)」「図書館司書」「日本語教員」については、資格取得のための課程が用意されています。

インターンシッププログラム

インターンシップは「学生が自らの興味・関心や将来のキャリアを考える」「職業世界の知識やビジネスマナー等を身につける」の2つを目標に、企業や団体等の職場で実際の仕事を体験するプログラムです。
山梨英和大学では、「課題設定型インターンシップ」「長期インターンシップ」という特色あるプログラムを設定しています。

筆記試験対策

公務員をめざす学生に対しては、公務員試験(教養・専門)対策講座を実施しています。
また、企業での採用が増えているSPI試験対策講座も開講しています。

三者面談

進路支援担当スタッフと学生、保護者を交えた面談を実施し、意向を聞きながらアドバイスします。基本は3年次ですが、要望があればいつでも実施します。

就職対策勉強会

企業の人事や事務担当者、就職活動を成功させた先輩を招いての勉強会を実施しています。仕事や企業についての正確な知識や最新の業界の動向などの情報を提供します。

就職対策勉強会

個別面談

進路支援担当スタッフはもちろん、ヤングハローワーク甲府とも連携し、個別の相談に応じています。就職活動に欠かせないエントリーシートの作成や模擬面接もマンツーマンで取り組んでいます。

学内業界研究会

本学に、県内外の企業の方々を招き、各業界への理解を深めます。

学内業界研究会