データサイエンスプログラム

 

データサイエンスプログラム

 

本プログラムは、2023(令和5)年度文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」
に認定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認定の有効期限:令和10331日まで

 

 

 

 

目的

数理・データサイエンス・AIに関心をもち、これらを適切に扱い課題解決に活用できるよう、基礎的な素養を育成する

 

特徴

  • 本プログラムの必修科目「ICTスキル1・2」「データサイエンス1・2」においてスチューデント・アシスタントによる学習支援を導入
  • 全学生にMacBook Airを貸与
  • 全科目でGoogle Classroomを活用した双方向教育を実践

 

学修成果

  • 現代社会においてデータや社会が果たす役割について理解し、その重要性について論じる能力を身につける
  • データの取り扱いについて基礎的な手法を習得し、統計学的手法を用いて適切に解析を行うことができる
  • AIの基本的な動作原理について理解し、実際にどのように活用されているかを学んだ上で、今後どのような利用が可能かを論じる力を身につける

 

 

 

実施体制

役割 委員会等
運営責任者 副学長(カリキュラム委員長)
改善・進化させるための体制 カリキュラム委員会(データサイエンスプログラム部会)
自己点検・評価 カリキュラム委員会(データサイエンスプログラム部会)

 

 

 

修了要件・開設されている授業科目

 

 

授業の方法・内容

データサイエンスプログラムの必修科目では主に以下のようなことを扱います。

 

  • 「ICTスキル1・2」では、Society5.0といったこれからの社会の特徴について学ぶとともにAIの応用事例を調査してプレゼンすることで理解を深めます。また、オープンデータの取得・集計・分析に関するグループワークを通してデータ分析の基礎を修得します。
  • 「データサイエンス1・2」では、統計量に関する基礎的な事柄を学ぶとともに、Rを使ったデータ分析の演習を行います。
  • 「メディアサイエンス概論」では、セキュリティ・情報倫理などの基礎を学ぶとともに、データ・AIの活用やデータ保護にあたっての留意事項を学びます。