SSHⅡ課題研究 【数学】

■数学班

現在、数学班は、フラクタル幾何学とカテナリー曲線についての研究を行っています。

自己相似性を持つ図形はフラクタル図形と呼ばれており、雪の結晶やリアス式海岸線が例に挙げられます。Mathematicaでの描画を観察し、仮説をたてて証明を試みています。多くの建築物にはカテナリー曲線が使われています。カテナリー曲線を表す関数に対し、橋梁を題材としてフィッティングを行っています。

※この研究は、山梨英和大学の島内先生に指導助言を受けながら進めています。