放送礼拝 新体操部

詩編91編11節~12節

私が部長になって5ヶ月がたちました。最初の頃は、私に務まるのか、ちゃんと周りを見て指示を出せるのかと不安でいっぱいでした。けれども今は私なりに少しずつですが、まとめられてきているのではないかと思います。この5ヶ月で私は色々なことを悩みました。部員とのちょっとした行き違いや意見の違いがありました。
私は、嫌な事や大変な事があったりすると、今日の聖書の箇所を思い出します。私には、大変な事や辛い事があって、その石に当たっても立ち止まらず、主が御使に命じてくださって、私がいるどんな道の上でも手を差し伸べてくれる。少しずつでも前に歩ける様にしてくれるという箇所だなと、読んだ時に思いました。
そして主は石に当たり立ち止まっている私に、私を助けてくださる方達を送ってくださいました。そうして、相談した方達に色々アドバイスをいただいた時、心が楽になったし、私がこれからどうして行くべきか見えた気がしました。聖書に書いてある通り、神様が私をどの様な場合にも守ってくださったのだと思います。
部活に行くことが苦になっていましたが頑張ろうと前向きに考えられるようになりました。悩んでいたからイエス様は私に、先生方や前部長のところまで私を導いてくださったのではないかと思います。
まだ私は、どう指示をしたらみんながわかりやすいのかや、どうしたらみんなが付いて来てくれるような部長になれるのかなど手探り状態です。それでも「役職は人を成長させる」という言葉がある通り、この期間は私を成長させてくれたように思います。まだまだ部長としてスタートしたばかりだし先は長いのですが、少しずつ色々なことができるようになり、私自身も部員全員も成長できたらと思います。
現在は、中学生は10月13日に高校生は10月28日に行われる新人戦に向けて練習を頑張っています。あと少ししか練習期間がありませんが、自分たちで少しでも時間を見つけその時間を大切に頑張っていきたいと思います。

お祈り
神様今日も放送を通してですが、礼拝から1日を始められた事に感謝いたします。今日は、私が悩み、たくさんの方達の言葉に救われた事についてお話ししました。色々な事に悩んでいる人達がたくさんいると思います。その人達の悩みもあなたが救い導いてください。
この祈りを主イエスキリストの御名によって御前にお捧げいたします。
アーメン。