第3回SSH特別講演会を実施しました

11月17日(金)、第3回SSH特別講演会を実施しました。
今回は気象災害軽減イノベーションセンターより宮島亜希子氏を講師にお招きし、「気象災害軽減イノベーションセンターの取り組みとライフワークバランス」と題してお話を伺いました。
雷から身を守る方法などの実践的なお話から、災害に対する知識の重要性についてなど多くのことを学びました。また、「あきらめなければ、夢は実現できる!」という力強いメッセージをいただきました。さらに、趣味の時間を大切にしつつ、大きな働きをしている宮島先生の姿はとても輝いていて、生徒たちの励みになりました。

【生徒の感想】
*災害がどのような影響をもたらすかや、雷がなっている時の安全な場所など様々な役立つ情報を聞く事ができてよかったです。
*自分の身を守る為にも気象災害についての知識身につけておくことが大切だと思いました。また、見せて頂いた動画を通して増水の恐ろしさを知りました。気象災害が年々増え続けているという事実をしっかりと受け止め、生活していきたいと思いました。宮島先生のように、どんな事も失敗を恐れずに挑戦していきたいと思いました。
*自分が今まで聞いたことのない職業などが多くあり、興味深かったです。ただ仕事を頑張るだけではなく、趣味を見つけそれを一生懸命することで、仕事にも良い影響が及ぶなど、ライフワークバランスが大切であるということが分かりました。
*防災という点においては、近年極端気象が増加しているので、防災関連の職業はますます重要になってくるだろうと思いました。また、ライフワークバランスという点においては、仕事にも趣味にも全力で取り組んでいてとても理想的に感じました。
*東日本大震災から始まり、私たちは防災について知識を身につけなければならない状態にあると思います。今回の公演で、今まで知識が薄かった防災について、また防災に関わる人々について学ぶことができたと思います。
*人とのつながりの大切さや夢は諦めなければ叶えることができることなど今進路に悩んでいる私達にはすごく心に残る言葉でした。夢に向かって頑張っていきたいとも思いました。

【保護者の感想】
*地球温暖化で異常気象が多くなっていると思いました。「自然には勝てない」と言いますが、私達はもっと自然に目を向けて温暖化を進ませないように出来る事を考えていきたいと思いました。
*情報から防災行動に移すのには日頃からの各個人の危機管理がとても大切だと思いました。また、実際に行動してみることが重要なのではないかと思いました。
*今のお仕事に就くまで回り道をしたけれどそのことが無駄ではなく経験として役にたったというお話が印象に残りました。
*気象のお話もとても良かったのですが、夢を持つことの大切さ、仕事や勉強以外に夢中になれるものを探すと良いなど子供達にとって心に響くメッセージを頂けて良かったです。