キリスト教強調月間 全校修養会に寄せて

キリスト教強調月間・全校修養会に寄せて
校長  三 井 貴 子 

 山梨英和中学校・高等学校では、11月をキリスト教強調月間と位置づけ、特別な月として、毎朝の礼拝も講師を招いて普段よりも充実させ、一日の全校修養会を持っています。それは、本校のキリスト教教育の原点に立ち返り、一人一人がどのように神様そして自分自身と向き合うべきかを考える機会を持つことが重要であると考えているからです。

 今年は「ルターの宗教改革500年」の記念すべき年です。その特別な年に素晴らしい講師の先生が与えられました。長山道先生です。長山先生の生まれは静岡ですが、この山梨で幼少期をお過ごしになりました。そして、山梨英和の校歌の作詞者の守山ふみか先生が大伯母でいらっしゃいます。私たちの想像を超えた神様のご計画に心から感謝したいと思います。

先生が示してくださった主題は『「いい子」をやめるとどうなるの?』、主題聖句は「この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです」(ガラテヤの信徒への手紙5章1節a)です。日々みなさんが直面している重要な事がらですが、誰にも面と向かっては聞けない質問ではないでしょうか。長山先生は「ルターの宗教改革」がご専門だそうですが、難しそうに思えるルターの宗教改革も、先生の講演をお聴きすることで身近に感じられるようになるかもしれません。新しい発見があるといいですね。

長山先生をはじめとする、このキリスト教強調月間を通しての様々な出会いが、みなさんが自分自身を見つめ直すきっかけとなり、今後の人生の礎となることを心から祈っています。