わかば支援学校との全体交流報告

  12月20日、高校聖歌隊の17名がわかば支援学校を訪問し、交流を持ちました。
うかがった体育館は新築されたばかりで、広々と明るく、すばらしい会場でした。ホール全体にクリスマスの飾り付けがされていて、みなさんのおもてなしに心を打たれました。
  クリスマスソングメドレーから演奏を始めました。リクエストにお応えした「クリスマスイブ」が始まると、大きな歓声が上がりました。生徒さんはどの曲も熱心に、そして知っている曲では体でリズムを取り、とても楽しそうに聞いてくださいました。おかげさまで私たちも本当に楽しんで演奏することができました。 ハンドベル体験ではみなさん興味を持ってベルに触れ、特に大きくて重いハンドベルが大人気でした。
  わかばのみなさんはとても元気よく気軽に声を掛けてくださり、限られた時間の交流でしたがともに一体感が感じられた充実したひと時となりました。準備をしてくださり、暖かく迎えてくださったみなさま、ありがとうございました。