1つ前のページに戻る

2021.6.24 / 教育 /

『高2親子進路学習会を実施しました』

6月4日、高校2年生を対象とした親子進路学習会で「大学進学に関するお金の話」(奨学金について)と題し、進路部長の話を聞きました

将来の夢や希望をかなえるためには、進学のことなどを真剣に考えることが大切ですが、その進学先で学ぶためにはいったいどれくらいの金額がかかるのか、またその費用をどのように捻出していくかを高2の今から親子で話題にしておくことは大変重要なことです。

大学の学費高騰、そして経済状況が依然として厳しいなか、国の奨学金制度を利用する家庭が全国的にも増えてきております。

昨年から始まった「大学無償化」は一定の条件があり対象者はまだわずかであることや、大学卒業後から毎月返済が必要になる「貸与型」の具体的な仕組みについての説明がありました。

大学進学には多額な費用が必要であるからこそ、しっかりと目的を持って進学して欲しいという進路部長からのメッセージに生徒も保護者の皆様も真剣に受け止めていた様子が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

当日の感想を少しですが、掲載しますので、ぜひご覧ください。

<生徒の感想>

・大学生活には自分が思ってた以上にさまざまなものにお金がかかることがわかりました。感謝の気持ちを忘れずに、大学受験に向けてがんばりたいと思います。

・大学を進学する際に、多くのお金がかかるということを改めて実感させられた。自分が学びたいと思うものを勉強させてもらうのだから、中途半端な気持ちで取り組むのではなく、親への感謝の気持ちをもって、勉強に励んでいきたいと思った。

・やはりこのぐらいはかかってしまうんだなと思った。奨学金の返済義務なんて、全く知らなかった。こういう時期で返すのも大変だろうし、しっかりと考えなくてはならないなと感じた。

・私の両親は、お金のことは気にせずに、自分が行きたい大学に行きなさい。と言ってくれます。そして、普段からお金の話もする方だと思います。しかし、今回の学習会ではその具体的な内容と、今まで家庭で話してきた中で知ることのなかった一般的なデータを知りました。自分の恵まれた環境と、素晴らしい両親に感謝すると共に、今の日本の大学進学に対する環境の苦しさを実感しました。自分の思う道を、覚悟を持って進もうとする気持ちがさらに大きくなりました。そして、自分たちで問題に立ち向かっていくことの大切さも感じました。少しずつでも、自分のできる最大限の力で変えていくことが出来たらいいなと思います。

・今まであまり気にしていなかったので、こんなにお金がかかることを知らなかった。これを機に大学に入ることは親にも負担がかかることを確認し、もっと勉強に励もうと思った。

・私立の大学は国立の大学よりもお金がかかり、さらに県外に行くとなると家賃などのお金がどのくらいかかるかなどが今まであまり考えなかったけれどこの進路学習会で考える機会が出来ました。

・大学進学には非常に多くのお金が必要だということを知り、自分の進路を真剣に考え、本当にやりたいことを見つけ、自分の行きたい大学や学部に行くことが大切だと思った。

・お金の話は、私から親には話してはいけないと思っていましたが、これからはしっかりと話し合っていくようにしたいと思いました。

・大学進学にはたくさんのお金がかかることが分かりました。また、そのお金をかける先が良いものになるように自分が出来ることは勉強だということが印象に残りました。

・奨学金については当てはまるものが少ないのかなと思いましたが自分でも調べようと思うきっかけになりました。

・奨学金について自分で調べたこともあったが、種類と上限金額までは把握していなかったので、知ることができてよかった。自分でしっかりと理解した上で使いたいと思った。

・大学進学に伴うお金は決して安い額ではないので、両親への感謝を忘れないようにしなくてはならないと思った。大学に行くなら真剣に選ばなくてはならないし、大学生になってからもそれは心に留めておかなくてはと思う。

・親が大変な思いをして自分のためにお金を用意してくれていると思うと、本当にやりたいことを見つけてそれに向かって頑張っていきたいと思いました。

 

<保護者感想>

・大学にはお金がかかる事実を目のあたりにして高校2年生を実感しました。将来に向けてのことしっかり考える機会となりました。

・子どもが一緒に話を聞く事で進路先を決める時に親子でお金の話も含めて考える事が出来ると思います。何となく、ではなくきちんと目的を持って今後の事を考える機会になるといいと思いました。

・進学に関わるお金のことを詳しく教えて頂き、ありがとうございました。なかなかお金の話を子供とする機会がないので、今回のお話を参考に家庭でも話をしたいと思います。

・漠然とお金がかかることは理解していましたが、はっきりと現実を見せられた感じです。でも生徒にもその意識(何となく大学に行くのではなく、しっかり目的を持って進学して欲しい)と伝えてくれた事はすごく良かったと思います。もっと奨学金の具体的な事も知りたいと思いました。

・お金に関して奨学金に関してとても分かりやすく説明を聞くことができ、有意義な時間でした。少しずつ親子にて話す事をしていますが、今回の学習会を親子共に聞く事ができ、より深く共有できると思います。

・早い段階から具体的な金額がわかると参考になるので良かった。家庭でも話しやすくなると、本人の意識がこれを機に変わるといいなと思います。

・子どもはお金は使いたいだけ使えると思っているところがあるので、どれだけ大変な事なのか少しでも意識して頑張るきっかけとなってくれたと思いたいです。とても良いお話でした。

・現状を学ぶ良い機会でした。奨学金問題を問題で終わらせるのではなく、近い未来に改善されていくための流れまで伝えて頂けて、感動しました。素晴らしかったです。

・奨学金について子どもたちも一緒に話を聞く機会をいただき良かったです。自分がただ行きたい、というだけでなく、そのためにどの位の学費また生活費ということを具体的にどのくらい理解できたかわかりませんが、また親子で話し合いたいと思います。ありがとうございました。

月別
年別