第20回化学工学会 学生発表会<東京大会>に参加しました。

 第20回化学工学会 学生発表会<東京大会>が東京理科大学で実施され、東日本の高校生、大学生、高専生、大学院生が5会場で143の発表を行いました。そのうち参加した高等学校は13校で、本校からは1年生が「富士山五合目の植生とササラダニ類の遷移」と、「マルケイリュウダニの走性」について発表しました。発表後には会場から多くの励ましの声をいただくことができました。

【生徒の感想】
*他の発表者は堂々としていたので、自分の発表に自信が持てるように研究を進めていきたいと思いました。スライドは相手がわかりやすいように工夫して作っていきたいと思いました。
*自分の専門の分野を研究できることはとても良いことだと思ったので、自分の研究をもっと深めていこうと思いました。
*様々な学校の発表を見て、発表の仕方やスライドのまとめ方などわかりやすいものが多かったので参考にしていきたいです。