1つ前のページに戻る

2021.3.08 / 教育 /

中2親子進路学習会を実施しました

3月2日に(火)に中2親子進路学習会を実施しました。前半は中学教頭より、3年次での進学適性検査(進適)について説明いたしました。進適は本校の教育目標を理解し、英和高校での学びに必要な力をつけるために実施しています。1年間をかけて指導をしていくものですので、主な日程をお知らせし、その目的とスケジュールを生徒、保護者の皆様に共有していただきました。いよいよ中学最高学年となりますので、生徒のみなさんは何ごとにも自覚を持って臨んで欲しいと思います。

後半では、卒業を控えた高校3年生2名が合格体験をお話ししました。中学での自由研究、クラブ活動、海外研修、授業への取り組みなど、山梨英和中学校・高校での学びを通して、いかに進路実現していったのかを語ってくれました。中学生の今だからこそできること、しておくべきことについてもわかりやすくお話しをしてくれました。本校には学校行事を始め、研修旅行やボランティアなど、「思考力・判断力・表現力」を育くむ機会がたくさんあります。ぜひ積極的に挑戦していって欲しいと思います。

<保護者感想> 

・進路学習会、ありがとうございました。進適の説明もわかりやすく、目的も明確になったと思います。いよいよ4月からは中学3年生!!という実感も湧いてきました。中学校生活最後の一年のまとめと行事にも取り組み、悔いのない1年になれば良いと思います。また高3のお二人からは、大学進学に向けてだけではなく、中学校生活で大切なこと、心がけていたことなど、貴重なお話を聞くことができ、親が言うよりも身近な先輩方のことばの方が自然に心に響いたようで、勉強のやり方も参考にし、自分もがんばろう!と思っているように感じました。このようなお話を親子で聞く時間をつくっていただき、感謝します。

 

・昨年参加した時にはまだ先のことのような話だと思い、実感が湧きませんでしたが、今年は、娘から将来のことや学習面についての心配事、悩みを聞くようになり、私自身いまひとつ具体的なアドバイスができないでいました。今回、高3の先輩方が、中学時代の過ごし方、高校から見つけた将来の夢や進学のこと、勉強方法など、すべてについてこの間まで実行していたことを要点を絞って話してくれたので、とてもわかりやすかったです。参考にしたいと思い、メモをとりました。このような貴重な学習会に親子で参加でき、とても有意義な時間になりました。ありがとうございました。

 

・本日は、貴重な時間をつくっていただきありがとうございました。あっという間に中学2年生も終わりに近づき、先日、進適のテキストを持って帰っていました。娘はテキストの多さに悲鳴をあげていました。今の娘の様子を見ていると、何の目標もなく生活しているようにみえてしまい、親としては、やる気がでて、学習に対する意識が変わってくれるのをいつかいつかと願っていました。模範となる高校3年生の二人の立派なお話を聞いて、ただ勉強するだけではなく、部活との両立をする為など、それぞれに工夫していて素晴らしいと思い、感心いたしました。親子学習会は、娘も進路について考える良い機会だと思います。少しでも娘の心に響いてくれると嬉しいです。

 

・今回もとても勉強になった親子進路学習会になりました。中3がとても大切ということを改めて自覚しました。進適に向けてコツコツ課題に取り組めるようにサポートしながら頑張りたいと思います。また、高3のお姉さんたちのお話を聞き、勉強のコツなどを教えて頂けて、娘も今までの勉強法を改めて考え直したりすることが出来ていたようです。海外研修などにも興味があるようなので、親である私たちができることを惜しまずサポートしてあげたいと強く思いました。先生方の毎日の温かいサポート、とても感謝しています。ありがとうございました。

———————————————————————————————————————-

<生徒感想> 

・どちらの先輩も「土台」という言葉を使っていて、それが強く心に残っています。私はまだ高校生になる前の重要な土台の完成には程遠いと感じました。進適という勉強する機会が与えられたからこそ、より良い土台を完成させ、高校生になってあの時そうしていて良かったと思えるようにしたいです。また、進適に不安を感じているのは私だけではないはずなので、みんなでお互いを励まし合い、時には助け合いながら、一つ一つ進適を良い結果で乗り越えられたらいいなと思いました。

 

・先輩や先生の話を聞いて、中学生のうちから勉強をがんばっていれば、高校を卒業してからも役に立つということがわかりました。文系・理系はまだ決めず、どの教科も大切にしようと思いました。また、中学3年生からは進適が始まり、高校生になる準備が始まると思うので、提出物は忘れずに出し、課題にも真面目に取り組んでいけたらいいなと思います。定期テストや進適のテストなども一つ一つ大切に受けるようにしようと思います。

 

・高校3年生のお話を聞いて、私たちが思うより私たちの未来は目の前にあるということを学びました。中学の3年間は短く、高校に入学したら、進路選択→すぐ受験のような形であっという間にすぎていってしまいそうです。それはとても怖いと私は思います。限られた中学校生活と勉強時間を大切にし、目の前にある私の未来へ向かって少しずつ進んでいきたいです。

 

・今日の親子進路学習会を受けて、 毎日少しでも家で勉強することが大切だと感じました。私は部活も習い事もやっているので、土曜日などのたくさん勉強できる日でも、時間がなくて勉強できなかったという日がありました。しかし今回の発表を聞いて、どんなに忙しくても、家に帰ってからのパターンを決めたり、車中などの隙間時間を利用したりして、時間を作れることを知りました。3年生になって課題も増えるので、「その日の復習はその日の内に」を心がけてがんばっていきたいと思いました。今、ムダにしている時間を有効に使いたいです。

 

・今日の親子進路学習会で、中学3年間の勉強がこれからの自分にとって本当に大切になってくることがわかりました。そして、日々私がどれだけ無駄な時間を過ごしているのかがよくわかりました。先輩のお話を聞いて、私が今からすべきことがはっきりしました。先輩の私を比べてみると、私は圧倒的に時間を上手く使えてないです。まずそこを直してから、応用的な問題にも取り組んでいきたいです。今日、このような会がなければ、私はこれらのことに気づくことができなかったと思うので、お話が聞けてよかったです。

 

・去年の夏休み明けから部活を増やして家に帰る時間が毎日遅く、塾にも通ってないので、予習・復習しても成績を上げるのは難しいんじゃないかと不安でした。でも高校生の話を聞いて、そんなことはないんだと思いました。授業中のノートのとり方や授業中に覚えられるような聴き方、長い通学の時間に使い方など、もっと改良していけるところがあるなと改めて感じました。3年生になったら、今までの定期テストにプラスして進適もあり、とても忙しい1年になりますが、勉強も部活もすべてを楽しみながら全力で頑張ってみようと改めて思いました。

 

・私は中1、中2の学習内容でまだ不完全なところがいくつかあります。今日、高校3年生の先輩方のお話を聞き、中3の進適課題でしか復習時間をとることができないとわかったので、進適課題に早めに丁寧に取り組むようにしたいです。また、先輩が「ノートをきれいにとる」よりも「雑でもいいから先生が話していたことを一言一句聞き逃さず、メモを取れば、後で見返した時に映像を見るように思い出すことができる」と言っていたので、これから私もがんばろうと思いました。

 

・今回、先輩方から中学での勉強の取り組み方や進学のことについて聞くことができてよかったです。特にひとりの先輩が話していた「早い内から1つの教科のみを決めてそれだけを勉強するのではなく、全教科をまんべんなく勉強した方がよい」という言葉がとても心に残りました。また、授業を受ける際に、先生の言ったことをメモに取る重要性が印象に残りました。中学3年生になったら、今まで以上に集中して課題に取り組み、「自ら学ぶ」ということを大切にしていきたいです。

 

・今回、先輩方の話を聞いて、二人とも部活と勉強を両立されていてすごいと思いました。話の中で、ただ先生が書いたことをノートに写すだけでなく、先生の言葉も逃さず書いていたという言葉を聞いて、すぐに実行してみたいと思いました。これから高校に向けて、自分にあった教科ごとの勉強法を見つけていきたいです。進適では、ただ課題を解いてテストに臨むのではなく、テスト範囲をすべて理解し、わからないところが1つもないくらいにしてから臨みたいと思いました。まだ進路は決まっていませんが、中学の基礎をしっかりと固め、高校で役立てるように頑張っていきたいです。

 

・先輩の話から、中学で勉強したことが大切であり、自ら学ぶ姿勢がこれからはとても大事であることがわかりました。先輩方の話を聞いて、チャンスを生かすのは自分次第であること、先生の話をメモすることで授業の復習を効率よくできること、やり直すことが力になることなどが心に残りました。また別の先輩の話からも、薬学部の就職先が様々な職種であること、普段はしないことにチャレンジすることで興味が広がること、進適は復習できる最後のチャンスであり、自分のスキルアップであることを知ることができました。二人の先輩から、学ぶことが力になり、楽しくなることやいろいろなことにチャレンジすることで進学の選択肢が増えることを教えてもらいました。中3に向けて、苦手意識を持たず、勉強に取り組もうと思いました。

 

・心に残ったことは、「チャンスを活かせるかどうかは自分次第」だということです。せっかくチャンスをもらっても、そこで努力をやめてしまったら意味がないと思うと、一つ一つの物事への取り組み方も大きく変わると感じました。進適のテキストも量が多くて大変ですが、中学の復習のチャンスだと思うと、ただワークをやるだけではなく、自分の苦手なところや忘れていたところを教科書などを読んだりして理解できるように工夫した方がいいと思いました。3年生になっても新しいことをどんどん覚えていかないといけないので、できるだけ学校にいる時に内容を理解するなどして時間にも気を付けようと思います。どんなことにも丁寧に、自分の力に変えられるように取り組むことがとても大切だということがわかりました。

 

 

月別
年別