1つ前のページに戻る

2017.6.19 / 学校生活 /

高2親子進路学習会実施

夏を思わせる暑さの中、6月2日(金)に多くの保護者の皆様にご参加いただき、高2親子進路学習会を実施いたしました。石原進路部長より「大学進学、お金の悩みと疑問を解決」というテーマで、「奨学金」にスポットを当てたお話をいたしました。具体的には、上昇し続けている学費に対して充分とは言えない国の対応、借りる学生が年々増えている奨学金とその返済の問題などの進学費用に関わる問題についてなど、具体的な数値も交え説明しました。 家庭ではなかなか話題にしづらい内容ですが、高2という大学入試までまだ少し時間のあるこの時期に、親子で情報を共有し、進路選択の参考にして頂きたいと思います。

<保護者感想>  ・漠然だった奨学金制度が具体的にわかりました。子どもに大学という場が自分だけの力だけでは行けないことをわかって欲しい。 ・英和高校ではありませんが、上の子が今高3生で、この奨学金の手続きをしています。とても参考になりました。帰宅してからもう一度、家族でこのことについてしっかりと話し合いたいと思います。ありがとうございました。 ・受験勉強のことだけでなく、進学にはお金がかかることを子どもたちに自覚させるお話で、とても有益でした。これで漫然と勉強しなくなればよいと思いますが・・・。 ・奨学金がローンであることを子どもたちにわかり易く伝えていただけてよかったです。また、ヴィジョンをしっかり持って、大学を考えることの重要性も伝わりました。受験前に奨学金を貰えるか知ることのできる制度があることは知りませんでした。 ・もっと具体的な金額、入金のシステムや(年何回?毎月?)一年に一度の審査があるのか等教えて欲しかったです。 ・進路を考える上で、目標を持って考えなくてはならないということを子ども達が強く感じることができたのではないかと思います。高2の時点で現実的なことを親子で共有できる機会を頂けましたことは、今後、家族で進路を話すうえで、大変ありがたいと思います。ありがとうございました。 ・制度を早く知ることができてよかったです。今後の参考にさせていただきます。 ・とても参考になりました。おぼろげだった大学進学が急に現実になってきたように感じます。ありがとうございました。 ・聞いてよかったです。ありがとうございました。 ・大学に進学できることはありがたいことだということを感じ、学習意欲が高まればと思います。 ・ありがとうございました。とてもタイムリーな話で、行きたい大学の学費が高く悩んでいたので、とても勉強になりました。1つお願いですが、資料を持ち帰りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。 ・16,17歳で重い話で、かわいそうな感じです。自分の30年前と比べると全く違っていますね。時代の流れに乗り遅れないようにしてもらいたいです。機会があればまた、話を聞けたらいいなと思います。 ・家庭では説明が難しいお金の問題、とりあげて貰ってよかったと思います。 ・奨学金も安易に考えるのではなく、その仕組みや必要性を本人がしっかり自覚して利用する必要があると思いました。 ・とても参考になりよかったです。ありがとうございました。 ・今回の進路学習会において、親だけではなく、子どもも大学にかかる費用、奨学金に関する知識を得ることができ、とてもよい機会だったと思います。今後も大学受験に向けてよろしくお願いします。
月別
年別