1つ前のページに戻る

2020.2.20 / 学校生活 /

メントン ターム留学生だより

 Oさんより

 こんにちは。私がターム留学としてオーストラリアに来てから2週間が経ちます。こちらでの生活にも少しずつ慣れてきました。オーストラリアは日の入りがとても遅く、20時頃まで明るいので、夕食にピクニックをしたり、夜にビーチに行ったりすることができ、とても新鮮です。
 初めの1週間は夏休みでしたが、先週からは学校が始まりました。メントンでは、朝学校が始まる前に様々な活動が行われます。テニスやランニング、楽器の練習などがあり、複数の活動を曜日ごとにしている生徒もいます。私のホストシスターもその一人で、先日は私も水泳の練習に混ぜてもらいました。
 学校にはホストシスターの他にバディーがいて、バディーの授業に一緒に参加します。ビシネスやキャリアなど、日本にはあまりない授業もあり、興味深いです。授業はもちろん全て英語なので理解が大変ですが、ほとんどの授業でPowerPointを使用するため、画面に映った単語を調べながら聞いています。専門的な用語もあり難しいですが、頑張りたいです。また、日本の授業とは違い、みんな、疑問に思うことがあったら自由に手を挙げて質問し、先生の質問にはたくさんの人が手を挙げて答えています。日本ではあまり積極的に発言する人は少ないので、見習いたいと感じました。英語の授業は難しいので、その時だけバディーと別れ、EALという、中国人の生徒など英語を習得途中の生徒が受ける授業に参加します。そこでは英語で英語の文法を習うので、とても良い経験になっています。英語の単語を英語で説明するという場面があり、難しかったですが、そういう風に表現すれば良いのかと、とても勉強になりました。
 メントンでは1つの授業が70分と長いですが、その代わり4校時までで終わりです。2時間目の後にリセスタイムがあり、3時間目の後にお昼休みがあります。どちらの時間も、友達と一緒におしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしています。私の今の目標は、自分から会話に入っていくことです。今は友達が話を振ってくれないと入ることができません。自分から入るには会話を理解しなければいけないので、もっと語彙を増やし、またリスニング力も向上させていきたいです。
 まだ始まったばかりですが、時間はあっという間に過ぎてしまいます。1日1日を大切にして、後悔の残らない生活を送っていきたいです。

 Kさんより

 オーストラリアにきて今日でちょうど2週間が経ちました。
到着した週は学校がまだ夏休みの期間だったので、学校が本格的に始まる前に体調を整える期間 が与えられ感謝です。
 私のホストシスターは大学一年生なので、車で都心やショッピングセンターに連れて いってくれます。日本ではできないような経験をたくさんすることが できて毎日が新鮮です。
 1週間前から学校も始まり、今はみんなについていくのに必死です。授業はバディの子と一日ほと んど同じクラスを受けます。私のバディは理系で数学に化学、コンピューターの授業など、専門的 な単語が多く使われる科目が多いので、授業中にはわからない単語をリストアップして調べて1週 間以内には覚えるようにしています。学校で使う単語帳や教科書ではおそらく目にしないであろう 単語ばかりでより一層難しいですが、これも留学の一つの良さだと思います。
 オーストラリアでの学校の1日は日本の学校の1日よりも比較的ゆっくりとしています。授業の チャイムがなってからトイレに行ったり、体育着に着替え始めたり、授業5分前には先生が片づ けを始めるように促してくれる、など日本とは違うと感じることがしばしば あります。また、2校時の後にはリセスがあって、みんなで外の芝生に 座ってお話ししながらお菓子やフルーツを食べます。同じ趣味の話でみんなと盛り上がったり、 先生の話をしたり、会話の内容は日本の女子高生とほとんど変わりません!
 来週は縦割りごとの水泳大会や、文学の授業のプレゼンテーションがあり、忙しい1週間になり そうですが頑張ります!

 

月別
年別