ニュース

2016年11月21日

 教育・研究 

本学大学院生が日本健康心理学会で研究発表を行いました

本学大学院人間文化研究科臨床心理学専攻の大矢佐宜子(修士2年)さんが、11月19日、20日の両日に岡山大学で開催された一般社団法人日本健康心理学会 第29回大会において、本多明生准教授と連名で研究成果の発表を行いました。発表のタイトルは以下の通りです。

 

■ 大矢佐宜子・本多明生

 「回想が気分状態と精神的健康に与える影響: 大学生への介入実験」

 

 

 

山梨英和大学では、学会発表時の旅費の一部を補助する制度を設け、大学院生ならびに特別研修生の研究活動を支援しています。

 

 

 

一般社団法人日本健康心理学会 第29回大会

日時:2016年11月19日(土)・20日(日)

会場:岡山大学津島キャンパス 

主催:一般社団法人日本健康心理学会

 

一般社団法人日本健康心理会 第29回大会プログラムはこちらから

 

 

 

ニュース一覧へ戻る