ニュース

2017年01月31日

 イベント 

「思考と表現のデザイン」教育-高大接続フォーラムを開催いたしました

1月26日(木)、本学において、「思考と表現のデザイン」教育―高大接続フォーラムを実施しました。

 

県内の高等学校、中学校の先生を中心に、官公庁関係者、出版社・教科書会社の方、高校生、本学学生まで、幅広い層に渡る40数名の方々にご参加いただきました。

本学広報戦略担当副学長小菅教授より、2012年から行ってきた甲府城西高等学校との高大連携授業が母体となった本フォーラムが開催されるに至った主旨説明から始まり、甲府西高等学校教頭・前高校教育課指導主事[国語] 河手由美香氏による講演に続き、ベネッセコーポレーション初等中等教育本部首都圏営業課営業基盤グリープリーダー 木下学氏、甲府城西高等学校教諭 小林一之氏より報告が行われました。

それぞれの現場が、文部科学省の推進する高大接続改革に合わせ、これからの高等学校教育及び大学教育にどのように取り組むかを考える、様々なヒントや方向性を得られる有意義なフォーラムになりました。予定の終了時刻を過ぎても質疑応答が続いたり、閉会後も談話の輪が出来たりと、盛況なフォーラムになりました。

 

ご参加いただいた皆さまにご礼申し上げます。

 

 

「思考と表現のデザイン」教育-高大接続フォーラム

日 時:2017年1月26日(木)15時30分~17時30分

講 演:「考えを形成し言葉で表現する力」の育成―高校国語教育の理論と実践 

講演者:河手 由美香(山梨県立甲府西高等学校教頭・前高校教育課指導主事[国語])

報 告:「思考力・表現力を育成するために―高大接続の課題と方向」

  • 高大接続改革―2020年入試改革と「思考力・判断力・表現力」の評価
  •  木下 学(ベネッセコーポレーション初等中等教育本部首都圏営業課営業基盤グループリーダー)

  • 「思考シートによる構造化」授業の試み
  •  小林 一之(山梨県立甲府城西高等学校教諭)

主 催:山梨英和大学

 

DSC_3042#

DSC_3054#

DSC_3078#

 

 

ニュース一覧へ戻る