ニュース

2016年03月09日

 教育・研究 

COC+やまなし未来創造教育プログラムCCRCコースで富山・金沢への視察研修を行いました。

topics_373.jpg

山梨英和大学が幹事校を務めるCOC+やまなし未来創造教育プログラムCCRCコースでは、2月29日(月)から3月2日(水)の日程で、富山・金沢への視察研修を行い、本学からは黒田教授、杉山准教授が参加しました。

 

富山では富山型デイサービスと呼ばれる小規模型の施設で、高齢者だけではなく障害者や子どものさまざまなサービスを提供しており、ひとつのモデルとなっています。今回は富山型デイサービスの創生期から活動をしている2つの施設「しおんの家」と「にぎやか」を見学しました。「しおんの家」は富山湾に近い郊外に、「にぎやか」は富山駅に近い街中にある施設です。

 

また、金沢では安倍総理や石破大臣も訪れた「シェア金沢」を視察いたしました。
「シェ ア金沢」は2年前にできたばかりの新しい施設ですが、高齢者や障害者、学生、近隣の方々が交流し、新しい共生コミュニティを創生する工夫が満ち溢れていました。今回の視察研修では年度末のお忙しい時期にもかかわらず、代表者の山田さん、阪中さん、西田さんをはじめ多くのスタッフや利用者の皆さんにお世話になり、とても有意義な視察研修になりました。

 

山梨県での取り組みに今回の視察の成果を役立てたいと思います。
暖かく迎えてくださった富山・金沢の皆さんに感謝申し上げます。

ニュース一覧へ戻る